2003年☆夏期研修

チェコ人形劇物語
北村奈央(旅責) 平井小春(ゼミ責) 藤原健太郎 松岡勇輔 山本瑞希
劇的な歴史の中で生まれ国、チェコ共和国。
この国では今も昔も変わらない文化がある。それが’人形劇’だ。
ただの娯楽と思うかもしれないが、実はそうではない。
チェコ人形劇にはその歴史ゆえに、複雑な背景があるのだ。
焦点を皮肉屋‘カシュパーレク’に絞って考察しました!

フィジー TROPICAL YOUNG SPIRIT〜NGOで過ごした熱い夏〜
野村武史(旅責) 嵯峨寛久(ゼミ責) 佐々木文佳(ゼミ責) 川西律子 二山真由美
南国に浮かぶ楽園、フィジー。
その経済力は「南国の巨人」と言われるほどだ。
観光産業に頼るこの国で、日本のNGO、OISCAが活動を続けている。
なぜなら、フィジーの発展の裏では環境破壊が起こっているのだ・・・。
2週間完全滞在実習記!学んできたことを精一杯お伝えします!

メキシコ CIMMYT 第二の緑の革命
堺あゆみ(旅責) 板谷靖子(ゼミ責) 中崎龍(ゼミ責) 山田勇雄
かつて世界で「緑の革命」と呼ばれる、奇跡的な穀物収量の増加が起こった。
しかし、それは同時に環境破壊や貧富の格差を生んだとして、批判されるようになる。
今回メキシコ組は、緑の革命を起こした国際機関の1つであるCIMMYTを訪れた。
CIMMYTは‘第二の緑の革命’に向けて研究を進めているのだという。
はたして、犠牲なくして第二の緑の革命は起こりうるのか・・・?
所長の岩永先生にお話を伺ってきました!

岩手 酪農における牛の人工授精技術
相原修一(旅責) 林将嗣
酪農家は、ただ牛を育てているわけではない。
牛を育てるには、たゆまぬ努力と勉強がいるのだ。
受精技術に焦点を当て、紹介します!

北海道 北の国から2003夏 有機農法の可能性を探って
井原祐次(ゼミ責)
健康ブームの起こっている日本で、今にわかに注目を浴びつつある‘有機食品’。
なんとなく、安全・安心という印象を与えるこの言葉だが、そう簡単にできる物ではない。
有機作物には消費者には分からない、生産者の苦労が隠れている。
そんな現場に今年も井原祐次が飛び込んできました!!熱く語ります!


 
夏期研修
 2005年度 2004年度
 2002年度


 HOME  戻る
inserted by FC2 system